避妊ピルはどんな成分でどんな効果?

避妊ピルは、女性ホルモンのはたらきを利用して、ほぼ確実に避妊の効果をもたらす医薬品で、1960年代のアメリカで使用がはじまり、現在では全世界に広がりをみせています。わが国では安易に医薬品として承認すると、エイズなどの感染症が蔓延するのではないかという指摘があったため、世界の流れから大幅に遅れて、1999年に避妊ピルが解禁されることとなりました。
この避妊ピルの成分としては、女性の卵巣で産生されている卵胞ホルモンと黄体ホルモンを人工的に合成したものが主なものとなっています。かつては有効成分として卵胞ホルモンだけを含有し、しかもホルモン量の多いタイプのものが流通していた時代もありましたが、副作用のおそれも大きかったことから、現在では黄体ホルモンも共に配合した上、ホルモン量をさまざまな工夫によってできるだけ減らした「低用量ピル」と呼ばれるタイプが主流となっています。
この避妊ピルを毎日定期的に服用すると、体内の女性ホルモンの量が当然ながら増加することになりますが、体はすてに妊娠がはじまったものと勘違いして、女性ホルモンをみずから分泌するなどの妊娠に向けた準備をやめてしまいます。このため、避妊ピルを服用した女性の卵巣からは排卵が起こらなくなり、受精することがなくなります。また、通常であれば子宮内膜は生理の周期とともに厚くなり、受精卵が着床・妊娠しやすい状態となりますが、避妊ピルの服用中は子宮内膜が厚くなることがなくなるため、たとえ受精したとしても着床に至らず、妊娠は阻止されます。さらに、子宮の入り口にあたる子宮頸管からの粘液が濃くなり、外からの侵入が排除されるため、これも妊娠を防ぐ効果があります。
↓もしもの為に
アフターピルを緊急時のために備えておく
↓病院に行く必要がない
トリキュラー 通販